損しないために抑えておきたいトリートメントの事

洗い流さないトリートメントの基本的な使い方とは

洗い流さないトリートメントの使い方は髪をきれいに洗った後に使います。
人の頭皮や髪の毛は一日のほこりや汚れ、皮脂で汚れています。
洗い流さないトリートメントを髪の毛に付ける前はきれいに洗うようにします。
洗い流さないトリートメントには2種類のタイプが存在します。
髪が水分で濡れている状態で使うタイプと髪の毛を乾燥してから使うタイプが存在します。

 

洗い流さないトリートメントの種類には

 

洗い流さないトリートメントの種類には髪の毛が濡れた状態で使うタイプと乾燥してから使うタイプが存在します。
一般的に販売されている洗い流さないトリートメントは髪の毛が濡れた状態で使います。
使い方は髪の毛を洗い、タオル等で良く水分を拭き取ります。
髪の毛を手で触った時に少し水分があるぐらいの時に洗い流さないトリートメントを髪の毛全体に付けて行きます。
乾燥タイプの洗い流さないトリートメントの使い方は髪の毛が乾燥してから全体に付けます。
乾燥タイプの洗い流さないトリートメントは髪の毛のつやを引き立たせてくれます。

 

効果的な洗い流さないトリートメントの使い方とは

 

効果的な洗い流さないトリートメントの使い方は洗い後の髪の毛に2〜3プッシュ手のひらに洗い流さないトリートメントを付け、髪の毛の先を中心に全体に伸ばして付けて行きます。
髪の根元に洗い流さないトリートメントが付かないように髪の毛全体に広げて行きます。
最後にクシやブラシで髪の毛を整えて髪全体に馴染ませていきます。
有効成分が髪の毛の内部に浸透して髪のダメージを修復して行きます。
朝、外出前に洗い流さないトリートメントを使う場合は軽く毛先から髪の毛の中間ぐらいまで付けて行きます。
洗い流さないトリートメントを使う事によりドライヤーの熱や摩擦、紫外線、ほこりなどからのダメージをカバーしてくれます。
髪の毛のコーティング効果が高い洗い流さないトリートメントは効果的に使うように心がけます。