損しないために抑えておきたいトリートメントの事

洗い流さないトリートメントとアウトバストリートメントとは

洗い流さないトリートメントとアウトバストリートメントは同様の物になります。
お風呂の外で使う洗い流さないトリートメントの事をアウトバストリートメントと呼びます。
通常のトリートメントの様に洗い流さない為に長く有効成分が髪に残ります。
アウトバストリートメントの種類には液体タイプとオイル、ミルク、ジェル、クリーム、ミスト、スプレータイプが存在します。

 

アウトバストリートメントの使い方とは

 

アウトバストリートメントはバス(浴室)の外で使う商品になります。
髪の毛を浴室できれいに洗い、タオルで余分な水分を拭き取った後にアウトバストリートメントを使います。
アウトバストリートメントの種類は多く、ご自身の髪質に合わせて選ぶ事が出来ます。
髪質により水分が弾く方はオイル系のアウトバストリートメントがおすすめになります。
水分が吸収されやすい方はミルク系やミスト系がおすすめです。
外出先でアウトバストリートメントを使う方はスプレー系がおすすめになります。

 

アウトバストリートメントの期待出来る効果とは

 

アウトバストリートメントの効果にはドライヤーの熱や紫外線などから髪のダメージを守る働きが有ります。
アウトバストリートメントを使う事により髪のツヤや栄養を与える事が出来ます。
髪の手触りも良くなりブラシングの通りがスムーズになります。
インバストリートメントと異なり有効成分を洗い流さない分、高い効果が維持出来ます。
アウトバストリートメントの効果的な使い方は手のひらに2〜3プッシュ出し、毛先から髪の中間ぐらいまでアウトバストリートメントを付けます。
髪全体にアウトバストリートメントが馴染むように良くブラッシングをして広げて行きます。
大量のアウトバストリートメントを髪に付けると逆にベトベト感が出てしまいますので注意が必要です。
髪を洗わずにアウトバストリートメントをご使用する事は避けましょう。