損しないために抑えておきたいトリートメントの事

正しいコンディショナーの使い方とは

正しいコンディショナーの使い方はシャンプーで良く髪を洗った後に使います。
入浴時使うヘアケア用品はシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントが支流です。
これらのヘアケア用品を正しく使う事で髪を修復する事が出来ます。
コンディショナーの働きには髪に汚れが付着するのを防いでくれる働きやツヤやサラサラ、しっとりとした髪質に整える働きが有ります。

 

コンディショナーの正しい使い方とは

 

コンディショナーはシャンプー後に髪に付けて使います。
週に1度から2度コンディショナーを使い髪に栄養を与え、良質の髪質に整えてくれます。
正しい使い方にはシャンプー後に使う方法とシャンプーとコンディショナー、リンスを使う方法が有ります。
毎日コンディショナーを使う方法もOKです。適度にご自身の髪質に合わせコンディショナーを使う事が出来ます。
洗い流さないトリートメントを使う場合はシャンプー、コンディショナー、洗い流さないトリートメント順に使うようにします。
洗い流さないトリートメントも髪に栄養を与え元気な髪を作る事が出来ます。
また有効成分が髪の芯まで浸透したのを洗い流さないトリートメントのコーティング力でカバーしてくれます。

 

コンディショナーと洗い流さないトリートメントの違いとは

 

コンディショナーと洗い流さないトリートメントの違いは利用目的になります。
コンディショナーに含まれる有効成分が髪の芯に浸透して内部からダメージを修復してくれます。
洗い流さないトリートメントにも同様の働きが有ります。
コンディショナーの力とコーティングの力、両方のパワーを持つのが洗い流さないトリートメントになります。
シャンプーで良く髪を洗い、コンディショナーで髪質を整え、最後にタオルで余分な水分を拭き取り洗い流さないトリートメントで髪を良質の成分でコーティングする事が出来ます。