損しないために抑えておきたいトリートメントの事

押えて置きたいトリートメントの危険成分とは

押えて置きたいトリートメントの危険成分は化学物質や石油系成分になります。
トリートメントの働きには髪を紫外線や汚れ、ほこりから守ることになります。
その為に髪の栄養成分やコーティング剤が配合されています。
髪の栄養成分は頭皮や髪に良いですが、コーティング剤が気になる所です。
コーティング剤が頭皮に付くと毛穴が詰まり悪循環を招きます。
主なトリートメントに配合されているコーティング成分はシリコンや植物系のオイルになります。

 

トリートメントに配合されている危険成分には

 

トリートメントに配合されている危険成分には「ラウリル」や「硫酸」が有ります。
トリートメントのボディー裏にこれらの表示がされている場合は注意が必要です。
これらの危険成分は強い刺激が有る化学物質になるからです。
人体のカラダや頭皮、髪の毛に使える成分が主にトリートメントには配合されています。
しかしご利用する方の頭皮や髪質に合わない場合が有ります。
特に小さいお子様の肌は敏感です。
大人の方がなんでもなく使えるトリートメントでも注意が必要になります。

 

安全なトリートメントを選ぶには

 

安全なトリートメントを選ぶには植物系のエキスを使ったトリートメントになります。
少し高価なトリートメントになりますが、オーガニック系のトリートメントがおすすめです。
無添加、無香料、無化学薬品、無石油系界面活性剤の表示が記載されているトリートメントは安心安全性が高いです。
アレルギーをお持ちの方や敏感肌の方はトリートメントを選んで購入する際は配合成分をしっかりと確認する必要が有ります。
安心安全なトリートメントでも使い方には注意が必要です。
なるべく肌や頭皮にトリートメント成分が付かないように心がけ使うようにします。
トリートメントを髪の毛に付ける際は毛先を重点的に付け、髪の中間ぐらいまで伸ばして広げて行きます、最後にクシやブラシでトリートメント成分を馴染ませていきます。